タコ|旬を感じる季節のアイテム日本の伝統行事。季節の風物詩、旬のものや地域を伝える。NIPPON NOW

HOME

旬を感じる季節のアイテム

立春

春の氣立つを以て也

降りそそぐ太陽の光やあたりにただよう空氣の中に春の氣配も感じられるようになってきます。 この日から立夏の前日までが暦の上での春ですが、実際の氣候ではこの頃はまだ寒さは最も厳しい頃です。

旬の魚介

タコ

大阪では、昔から7月2日の半夏生の日にはタコを食べる習慣がありました。
関西の「たこ焼き」で知られるように、日本では比較的よくたこを食べますが、宗教上、タコを食べない国もあります。
日本の主な産地は、兵庫県、福岡県、岡山県などです。
兵庫県の明石はタコの名産地ですが、芭蕉は1688年の夏に、須磨と明石を訪れ、「蛸壺や はかなき夢を 夏の月」と詠んでいます。
タコには気や血を補い、体力をつけて疲労を回復する働きがあり、亜鉛、タウリン、たんぱく質、鉄、銅、ナイアシン、ビタミンB2、などを含みます。
調理方法は、刺身、煮物、たこ飯、酢の物、ゆでだこなどです。

  • あなたの街のとっておきの素敵を教えてください!
  • あなたのこんな情報を知りたいをお待ちしております。
  • ベジタリアンの人におすすめサイト
  • イスラム教の方におすすめアプリ!!