朝顔|旬を感じる季節のアイテム日本の伝統行事。季節の風物詩、旬のものや地域を伝える。NIPPON NOW

HOME

旬を感じる季節のアイテム

立春

春の氣立つを以て也

降りそそぐ太陽の光やあたりにただよう空氣の中に春の氣配も感じられるようになってきます。 この日から立夏の前日までが暦の上での春ですが、実際の氣候ではこの頃はまだ寒さは最も厳しい頃です。

旬の草花

朝顔

朝顔の種子は「牽牛子」といい、漢方薬(緩下剤)とし奈良時代に中国から伝わりました。
朝顔は七夕のころに咲くことから、昔は「牽牛花」といっていました。
日本で大ブームになったのは江戸時代ですが、今も東京では7月に朝顔市や朝顔展が催されています。
「朝顔やつるべとられてもらひ水」加賀千代女
の句は有名ですが、シンプルな形や薄紫や薄青のポピュラーな色だけでなく、最近ではさまざまな形や色の朝顔が開発され、ツルのないものや宿根性のものもあります。
朝顔は日当たりを好むので、グリーンカーテンとして利用すると、夏の直射日光が家に差し込むのを防ぐことができます。

  • あなたの街のとっておきの素敵を教えてください!
  • あなたのこんな情報を知りたいをお待ちしております。
  • ベジタリアンの人におすすめサイト
  • イスラム教の方におすすめアプリ!!