三重県|日本各地の情報をお届け日本の伝統行事。季節の風物詩、旬のものや地域を伝える。NIPPON NOW

HOME

日本各地の情報をお届け

MIE

日本最大の半島、紀伊半島の東側にあるのが三重県です。県庁所在地は「津(つ)市」です。漢字でも読みでも1文字、これは日本で唯一です。
三重県は海や山が多いため、農業や漁業の盛んな県です。
ただ、伊勢志摩に代表される観光業も活発で、「お伊勢参り」を目当てにやってくる観光客も多いです。
お伊勢参りの舞台となるのは「伊勢神宮」。伊勢神宮は式年遷宮と呼ばれる20年に1度の建て替えが行われます。60を超える建物を建て替えるだけでなく、参道にある橋まで建て替えるというのだから驚きです。
しかも、この遷宮は2013年の第62回まで行われており、その歴史は1300年にもなります。伝統としきたりを大切にする日本の姿をみることができますね。

2016年には「主要国首脳会議」、「伊勢志摩サミット」が開催され、各国の首脳やその夫人が三重県を訪れました。

伊勢志摩サミットのディナーでは、三重県の特産品である「アワビ」、「伊勢海老」が登場しました。日本の一級の食材に各国の首脳は舌鼓を打ったことでしょう。

また食材以外では、「忍者」も三重県では注目すべきでしょう。三重県の伊賀市は忍者の里として有名で、現在は「伊賀流忍者博物館」があります。こちらでは、忍者ショーの見学や忍者屋敷の体験などができます。

  • あなたの街のとっておきの素敵を教えてください!
  • あなたのこんな情報を知りたいをお待ちしております。
  • ベジタリアンの人におすすめサイト
  • イスラム教の方におすすめアプリ!!