大雨時行|大暑|二十四の節気と七十二もの候という季節日本の伝統行事。季節の風物詩、旬のものや地域を伝える。NIPPON NOW

HOME

二十四の節気と七十二もの候という季節

大暑

暑氣いたりつまりたるゆえんなれば也

大暑とは暑氣が至り最も暑い日、厳しい暑さの頃という意味です。ほとんどの地方で梅雨明けもしくは、梅雨明け間近となります。立秋の前日までの、夏の終わりの18~19日間が「夏の土用」です。

末候

大雨時行たいうときどきふる

大雨時行(たいうときどきふる)は、言葉の通り夕立が降りやすくなる時季です。
夕立(ゆうだち)は、発達した積乱雲(雷雲、入道雲)によって突然降りだす大雨のことで、昼過ぎから夕方頃にかけて降ることが多いようです。夏の季語になっています。

  • あなたの街のとっておきの素敵を教えてください!
  • あなたのこんな情報を知りたいをお待ちしております。
  • ベジタリアンの人におすすめサイト
  • イスラム教の方におすすめアプリ!!