草木萌動|雨水|二十四の節気と七十二もの候という季節日本の伝統行事。季節の風物詩、旬のものや地域を伝える。NIPPON NOW

HOME

二十四の節気と七十二もの候という季節

雨水

陽氣地上に発し、雪氷解けて雨水となれば也り

雨水とは、暖かさに雪や氷が解け出し、蒸発し雨水となって降り出す頃の意味です。雨水がぬるんで草木も芽を出し始め、農耕の準備が始める時期となります。

末候

草木萌動そうもくめばえいずる

春の訪れを感じて、土の中や枝々からいっせいに芽生え始める時期です。
足もとや庭木の先にほんのりと薄緑に色づく芽に春を感じます。
草が芽吹き始めることを「草萌え」「下萌え」と言います。

冬を越した樹木の冬芽が膨らみ始めるころの晴天を「木の芽晴れ」と呼びます。
ほかにも、「木の芽雨」「木の芽冷え」「木の芽風」というように、木の芽を通して季節を感じる言葉がたくさんあります。

  • あなたの街のとっておきの素敵を教えてください!
  • あなたのこんな情報を知りたいをお待ちしております。
  • ベジタリアンの人におすすめサイト
  • イスラム教の方におすすめアプリ!!