蟄虫啓戸|啓蟄|二十四の節気と七十二もの候という季節日本の伝統行事。季節の風物詩、旬のものや地域を伝える。NIPPON NOW

HOME

二十四の節気と七十二もの候という季節

啓蟄

陽氣地中に動き、ちぢまる虫、穴をひらき出れば也

啓蟄とは、冬眠していた蛇や蛙などが暖かさに誘われて冬眠から覚めて初めて姿を見せるころの意味です。
実際に虫が活動を始めるのは一日の平均氣温が10℃以上になってからと言われています。

初候

蟄虫啓戸すごもりむしとをひらく

虫が戸をひらいて地上にはい出るという意味。
土の中で冬を越していた生き物たちが、大地のぬくもりを感じて活動を始める時期です。

ひと雨ごとに気温があがり、日差しのぬくもりも増して草木もぐんぐん芽吹くのに春の始まりを感じます。候の名前には「虫」という字が使われていますが、虫に限らず動物たちも冬眠から目覚めるときです。

旧暦の2月8日を含むこのくらいの時季は、「事八日(ことようか)」と言って次の正月に向けて準備を始めます。
事八日には、針供養をしたり、お事汁を食べたりする風習があります。

  • あなたの街のとっておきの素敵を教えてください!
  • あなたのこんな情報を知りたいをお待ちしております。
  • ベジタリアンの人におすすめサイト
  • イスラム教の方におすすめアプリ!!